中学受験で得意でない方が苦しむ教科の「数学」

中学受験でネックになる「数学」

中学受験でネックになる「数学」 中学受験で得意でない方が苦しむ教科の一つに「数学」があります。小学校までは算数であるため、苦手な子供にとっても、計算や公式を暗記するなどしてある程度点数を取ることができますが、難しい応用問題になると、本当に問題の意味やコツがわかっていないと解けない、という問題があります。

算数や数学は苦手、得意がはっきりと分かれる分野です。この点に関しては、中学受験に向けて、数学を早めに克服することをお勧めします。数学に関しては、応用問題や、対処の方法などの学習の仕方など、苦手なお子さんに対しても克服できるように向けた教材が用意されています。

また、数学に関しては高校、大学と進学するにつれてさらに難解になる傾向にあります。そのような高いレベルになるとき、子供時代に学んだ素地がないと、数学でも十分な知識や学習能力を身につけることができず、お子さんにとってプレッシャーになってしまうことが予想されます。

中学受験や将来のことを考えるのでしたら、もし数学が苦手教科であれば、無理に目先の点数を取ることを目標にしないほうがいいでしょう。数学で必要なロジックや、しなければならない勉強の項目をきっちりと学びとるようにお子さんと学習できる環境を用意することをお勧めします。

最新投稿

  • [2016年09月15日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年09月15日]
    運営者情報を追加しました。